採用活動で面接を実施する際の基本的な流れ

bh_10

今回は採用活動を実施する上で避けて通ることのできない「面接」について、基本的な流れをまとめました。

お客様の面接に同席させていただく機会も多いのですが、自己流で面接をされている方も多くありません。面接に絶対的な正解というものはありませんが、基本的な流れを身につけた上で、求める人物像や採用目標に合わせて面接の内容を変えていく方が良いでしょう。

面接の目的は2つ、見抜くことと動機付け

自社にとって必要な人材なのか、活躍できそうな方なのかを見抜き、合否を判断するだけではなく、可能性のある方を口説くことも大切です。就職活動、転職活動中の方は複数の企業を同時進行で見ています。自社の特徴や魅力を伝え、この会社で頑張りたい!と思ってもらわなければ、優秀な人材ほど他社に採られるリスクが高まります。

たとえば選考途中での辞退が多い場合、面接で適切な動機づけができていない可能性が考えられます。面接における動機付けは採用成果に大きく影響を与えるポイントです。

挨拶とアイスブレイクから

面接を開始する際、まずは来社の御礼、面接官自身の自己紹介、そして軽く雑談(アイスブレイク)と進めるのが一般的。ろくに自己紹介もせずに、いきなり志望動機などの質問を投げかけるのは少々不躾です。

応募者と企業はあくまで対等な立場にいることを忘れてはいけません。

質問は応募者からも受け付ける

アイスブレイクとしての軽い雑談が終わったら、本題に移ります。採用すべき方なのかどうか、様々な角度から質問を投げかけていきます。合否を判断するために必要な情報が揃ったら、応募者からも質問を出してもらうのが良いでしょう。

新卒採用の面接だと質問が1つも出てこない、ということも多々ありますが、面接官から一方的に質問するのではなく、応募者からの質問にも応えてあげることが動機づけにもつながります。

bh_10_1

合否の連絡方法、面接の御礼

応募者からの質問を一通り受け付けたら、面接の合否通知に関する連絡事項や面接参加への御礼を伝えて面接は終了です。合否についての連絡は電話なのかメールなのか、いつまでに連絡するのか、不採用の場合でも連絡をするのかしないのかなど、あやふやにせず明確に伝えるべきです。

また、自社の魅力や入社後に任せたい仕事、得られる経験やスキルを、面接のまとめとして最後に伝えることも動機付けの一つとして効果的です。

まとめ まずは基本の流れを習得

以上が面接の基本的な流れです。

面接の手法は様々で、絶対的な正解はありません。ただ面接経験が浅く、社内に面接のノウハウやマニュアルも存在しない環境であれば、まずは基本的な流れを身に着けることが効果的です。

アイスブレイクはどんな雑談をすべきか、応募者へどのような質問をすればよいのか、どんな話で応募者を動機づけすればよいのか、一つ一つ掘り下げて考えていくと結構大変な作業です。

弊社では面接官を対象としたトレーニング、各種研修を実施しておりますので、初めて採用活動に携わる、面接経験が浅い、自己流ではない面接のスキルを身につけたい、などのお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

ライタープロフィール HRアソシエ 越野友介

採用コンサルティング会社での経験を経て、HRアソシエ創業時より加入。理系学科の大学卒を生かし、機械系や電気・電子系など理系採用のご支援で多くの採用成功実績を残す。企業、学生双方を深く知る身として、現場で得たノウハウを生かしたサポートが得意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お客様からの声