採用活動における”マジメ”採用のススメ

採用活動における”マジメ”採用のススメ

今回は、私たちの大切にする“マジメ採用”というテーマについてです。

“マジメ採用”には明確な定義はありません。私たちも日々、お客様と共に悩みながら考え続けています。また、その解釈に幅を持たせるため、あえてカタカナの表記にしています。マジメな採用とは何か。ご一緒に考えを巡らせていただければ幸いです。

マジメ採用を考える上で大切な3つのポイント

以下、私たちの考える基本的な3つのポイントについてまとめます。

ミスマッチの責任を負う姿勢を持つ

まず前提として、採用活動というものは、自社と応募者の「良い出会い」を求める活動であり、そして基本的には、そこで結ばれた良い関係が「長く続くこと」を互いに望むものでしょう。

しかし実際には、良い出会いだと思ったのに実際は違ったというミスマッチにより、早期退職が多く発生しています。その率は、近年高止まりしたまま改善が見られません。多くの企業で効果的な策が講じられていないのは、その要因が個々のケースにより様々で、特定が難しいためと思われます。

“マジメ採用”では、企業はミスマッチを決して良しとせず、さらにミスマッチの責任を積極的に負う姿勢を持つべきと考えています。その理由は明確で、応募者に対して企業は、持ち得る情報に圧倒的な優位性があるためです。どのような人材にこの仕事の適性があるのか、どのような人材がこの会社では長く働き続けられるかという“知識”は、企業こそが得られます。

過去の採用でミスマッチを起こした人材と同じ特性の応募者を採用して同じ結果に至るというケースは、決して珍しくありません。過去の採用における暗黙的な知を積み重ね、文章化・数式化した知識として採用活動に活かせていないのが要因と言えるでしょう。

もちろん人材の特性を文章化・数式化することには限界がありますが、自社の“知識”の蓄積を自社に合う応募者に何らかの方法で開示をし、その情報格差を少しでも埋めた状態で判断し合えたら、ミスマッチは軽減されるに違いありません。つまり、企業がミスマッチの責任を負うという姿勢を持つことが、“マジメ採用”の第一歩と考えます。

信頼関係を求める

プロセス設計、運用を工夫する

また、“マジメ採用”においては「信頼関係」というキーワードが大事になります。即戦力を求める中途、アルバイト採用は、「経験・能力が活かせるかどうか」に双方とも重きを置いた活動になりがちですが、良い関係を長く継続させるということを目指すのであれば、それだけでは心許ありません。

新卒採用を考えれば分かりやすいでしょう。新卒採用で採用する人材には、中長期的な観点で戦力化を期待するため、企業も応募者も「経験・能力が活かせるかどうか」よりも「互いに信じてやっていけるか」「共に同じ方向を目指していけるか」といった心理な結び付きが重要になるはずです。

中途、アルバイト採用においても、同じ前提を求めるのであれば、同様のはずです。そのために企業は、自社が置かれている内的・外的環境、大切にしている価値観・考え方について誠意を持って自己開示をし、また応募者も同様に誠意を持って応えていくプロセスが重要になります。

信頼関係とは、つまるところ人と人の関係において結ばれるものです。応募者対人事担当者、現場社員、部門長、経営者、それぞれにおいて信頼関係が結べたら理想でしょう。“マジメ採用”では、少なくとも採用に関わる関係者全員にこの意識が求められます。

プロセス設計、運用を工夫する

“マジメ採用”のためのもう一つのポイントは「プロセス設計と運用の工夫」です。マジメは生真面目とは違います。マジメが忠実であるのは、予め決められた方法やルールにではなく、結果だと考えます。

採用という人的な活動では、合理的でないことが頻繁に起こります。採用までの様々なシミュレーションを立てても、当初の見込み通りには進まないものです。むしろ、見込み通りに進めようと無理に力を加えると、何らかの弊害を招きます。つまり、結果を出すために、状況に応じて柔軟に発想と行動を変えることが求められるということです。生真面目になり過ぎず、時にはルールを自ら壊すことも、結果を求める誠実な行動であればマジメな採用です。

採用したい応募者をどのように自社に惹きつけるか、どのように互いの信頼を深め合うか、求人広告や説明会、各選考において、いつ誰がどのような形で何を伝えるのか。このプロセスに知恵と工夫を重ねなければなりません。常に最善のプロセスを考え、行動し続けるということです。

また、見落としがちなのはプロセスの運用面です。例えば、選考の合否通知は事前に告知したとおりに行う、面接で確認した内容は次回面接に引き継ぐなど、一見当たり前のことが出来てないケースが多く見られます。信頼関係は、ちょっとした言動にて崩れ去るものですので、寸分気を抜かない姿勢が大切です。

運用をマジメに行うことは、敵を作らないという利点もあります。特に不合格とする応募者への対応方法は、その後の関係を占う大事なポイントです。ご縁は持てなかったが心から応援しているという姿勢でメールや書面の文面を作成し、事前に告げた期日までにしっかりと連絡をすれば、その誠実さによって逆にファンになって頂けることもあり得るでしょう。

以上が、私たちの考える“マジメ採用”の3つのポイントです。

マジメ採用に拘る理由

最後に、私たちが“マジメ採用”に拘りたいのは、そうして採用する“マジメ人材”こそが、組織を強くすると信じているためです。マジメな採用で結び付いたマジメな人材は、自ら責任を持つ姿勢と誠実さを持ち、柔軟な対応で結果を追求しようとする人材です。組織力を高めるには最適な人材でしょう。

“マジメ採用”が当たり前になり、それによって多くの企業の組織力が向上し、より良い社会が創られていくことを願っています。

鈴木隆史

ライタープロフィール HRアソシエ 鈴木隆史

一層のお客様への貢献を目指して、想いを同じくするメンバーを募り、株式会社HRアソシエを設立。すべてのプロジェクトの管理をする一方で、お客様の人事担当者として、年間200日以上、採用現場に立っている。説明会、面接の代行を中心に全国で活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お客様からの声